Posted on

財産分与による土地名義変更

財産分与による土地名義変更というのは、離婚をする二人が、結婚している間に購入した土地について、一方に対して、もう一方の人が財産分与を請求した場合にする手続です。

財産分与の土地名義変更については、離婚成立で請求することができます。

離婚をする前に財産分与について話し合っておいて決めておくのはOKですが、例え、財産分与の内容の決定がされていたとしても、実際に名義変更をすることができるのは、離婚届を出した後であり、登記については離婚届を出した日付となります。

このことからも離婚によってする財産分与による名義変更の場合には、離婚届を出した日付がわかる戸籍謄本が必要になります。

登記に必要なものは、名義変更をする土地の「登記済証」「登記識別情報」、「所有者の印鑑証明(発行から3か月以内)」、その他、元の所有者は「実印」、新しい所有者は「認め印」が必要になります。

印鑑証明書については、記載されている住所が異なる場合には、先に変更の登記をする必要があります。

その他、名義変更する年度の「固定資産評価証明書」、財産分与の内容がわかる「登記原因証明情報」が必要になります。

また、贈与による土地名義変更の時と同様に田畑である場合は、農業委員会からの書類を揃える必要があります。

裁判の手続きで財産分与の合意をした場合には、その他に調停調書の正本と判決の正本が必要になるので、謄本しかない場合は、司法書士に相談しましょう。

参考ページ≫[離婚時のマンション処分!財産分与の仕組み