Posted on

贈与による土地名義変更

贈与による土地名義変更というのは、土地を無償で受贈者に贈ったる場合に必要な手続で、登記をきちんとしておかなくては、贈与したという証明をすることができません。

贈与による土地名義変更の場合、贈与税が関係してくるので、もしもたくさんの土地やその他の不動産があった場合、全部を一度に贈与した場合、贈与税がかなり高くなってしまうということもあります。

贈与税に関しては、基礎控除額というのがありますので、それを目安にして、一部の土地だけを贈与するなどを考えてみるといいでしょう。

多くの土地やその他の不動産があった場合、生前から時間をかけて少しずつ贈与しておくと、贈与税の負担をなるべく掛けずに土地の贈与をすることができます。

贈与税の知識があれば、贈与による土地やその他の不動産の名義変更は無理無くすることができるのですが、なかなか難しい問題でもあり、心配な場合などは生前に司法書士に相談してみるといいでしょう。

登記に必要な書類などは、名義変更する土地の「登記済証」と「登記識別情報」、「登記識別情報」、「贈与する人の印鑑証明書(発行から3か月以内)」、「実印」、「受贈者の住民票」、「認印」、「固定資産評価証明書(名義変更年度)」です。

また、印鑑証明書に書かれている住所が登記簿上の住所と異なる場合には「贈与者の住民票(住所変更の経緯がわかるもの)」受贈者についても同様の書類が必要になります。

土地が田畑などの農地であった場合、農業委員会の許可書も必要になります。

司法書士事務所に依頼した場合は、登記原因証明情報や司法書士への委任状を作成してもらう事ができます。

参考サイト=>[http://www.zouyo.jp/hiyou.html