Posted on

相続による土地名義変更

相続による土地名義変更というのは、土地を所有していた人が亡くなられて、相続人となっている人に土地を受け継ぐ場合に必要な手続となります。

土地の名義は亡くなられた人から、相続人に変更するのが相続登記といいます。

実はこの相続による土地名義変更というのは、しなくてはならないことではあるのですが、亡くなった人の名義のままであっても、特に問題なく過ごせてしまうという事実があるので、相続登記をしないままでいる人がいるのです。

問題ないと思っていても、次第に名義変更をしていない事も忘れてしまい、またその相続した人が更に亡くなって、次の相続人に…となっていった場合に、いざ相続登記をしようと気づいた人が蓋を開けてみたら、かなり遡らないといけないという様な事態になってしまうことがあるのです。

相続を受けたら、何かと忙しくなる人もいるかもしれませんが、遅くても半年以内には相続登記をする様にしましょう。

きちんと相続登記をしている人の多くが半年以内、半年から一年以内に相続登記をしています。

相続登記をする場合、司法書士事務所に依頼するか、自分でするかを選ぶ事ができます。

司法書士に依頼するメリットは、戸籍の取り寄せをしなくて良い、専門家のアドバイスがあるのでスムーズに手続ができることで、デメリットは司法書士に支払う手数料がかかることです。

自分で手続するメリットは、登録免許税や戸籍などの実費でコストがかからない、法律や相続登記のことを知る事ができるなどで、デメリットは、法務局が空いている平日に時間を割かなくてはならないなどです。